ラレトラ

可賀レトラの日記と小説置き場
<< 拍手のお返事 | main | 二条と蓮さん4『ゼリー飲料(コーラ味)』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |  拍手! | にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
投稿結果など

今日締め切りのD様原稿。初稿を5日くらい前に書き終えたのですが、投稿はしないことにしました。

理由はいくつかあるのですが、一番大きいのは「一度寝かせてみようかな?」と思ったからです。

先日、投稿仲間主催のスカイプ会に参加させていただき、キャリアも成績も私より格段に上の方ばかりでしたが、「みなさん自作の見直しのコツは?」と伺ったところ、「寝かせる!」という回答が圧倒的でした。

で、恥ずかしながら今まで原稿を寝かせたことがほとんどなかったため……(書いてる途中に続きが書けなくなって放置していたのは除く)、一度そうしてみよう、と思い立った次第です。

ちなみに、書いたのは高校生どうしのお話なのですが、そのアイデアもまた別の方のニコ生かな?ツイキャスかな?に参加させていただいた際に宿題として出されたものです。

あー。寝かせて、下読みもしていただいて、ちゃんと面白いストーリーに改稿できるといいな……いや、する、するんだ。

120枚で書いたので、次回のD様に出すつもりです。

 

で、その初稿を上げてからは、別の一万字のお話を書いてました。こっちはBLでもなんでもないのですが。

一万字くらいだったら、プロットなしでささーっと一息で書き上げられるようになったんだなあと思って、自分に少しびっくりしました。

小説を書き始めたころは、せいぜい5千とか6千だったなあ。千文字くらいの話をたくさん書いていたなあ。二条と蓮さんのシリーズはそんな頃の感覚です。今書くとどうも話が長くなりすぎるので逆に短くまとめるのに苦労している。

そうだ。二条と蓮さんが書いていて一番楽しくて、あれ書こうこれ書きたいってネタがいろいろ寝かせてあります。

 

話がそれました。小説を書くことは呼吸だな、と感じる瞬間があって、少し前までは数千字しか息が続かなかったのですが、今回初めて一万字息が続きました。

この調子で何本か書いてたら、120枚くらい一息で書けるようになるのかな?みなさん、何枚までは一息、いや何回の呼吸で書いてらっしゃるのでしょう。

呼吸が途切れると執筆が止まるのでなるべく途切れさせたくないんですよね。

今後の懸案そして課題の一つです。

 

で、最後に、ショコ様の結果も出たのですが、今回はD評価でした。

投稿直後のブログに書き残した以上にギリギリな感じで出したので、当然といえば当然なのかもしれませんが、本当あんなん出してまじすみません……ってお詫びしたい気持ちでいっぱいです。

次は「収穫!」って思っていただけるような作品をだせるように力を尽くします。

 

 

 

最近、自分が書いたものが面白くなさすぎて凹みっぱなしなのですが、なんとか浮上したいなーと思ってつらつらブログ書きました。

昔から下手なことほどこだわるくせがあります。クラシックバレエも同級生で一人ソロがもらえなかったのに、あの頃のみんなはきっと辞めたけど私はいまだに続けていたりとか。

文章は得意と思ってましたが、もしかしたら一緒なのかも。得意と好きは違いますから。良くも悪くも。

| 雑記 | 22:31 | comments(0) | - |  拍手! | にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ
スポンサーサイト
| - | 22:31 | - | - |  拍手! | にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ









+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ PR
+ RECOMMEND
+ OTHERS
このページの先頭へ